彼女とのメール交換を続けて2週間ほど経過した後に、SkypeのIDを交換することに成功したのです。
出会い系サイトから、ひとつステップアップして、交流は佳境に入っていきました。
Skype のチャットだったらリアルタイムでやりとりができることから、より一層彼女との交流は深いものになっていきました。
この頃になると彼女の本気度もわかってきましたし、かなり前向きな気分であることは間違いがありませんでした。
やがてチャットから、Skype通話に発展をしていき初めて彼女の声を聞くことが出来たのです。
19歳という年齢からも、大変可愛らしい声をしている子で、話しているととても楽しい気分となってきました。
初めは普通の会話から始めて、だんだんとイメプの内容にチェンジさせていき、彼女もドキドキしているのが伝わってきたのです。
そして、彼女の好む教師と生徒、その話なっていきました。
「とっても悪い子なんだね、そんなことで興奮してしまうなんて」
「は、はい…ごめんなさい…先生…」
「悪い子はお仕置きしないとね、尻を出してみて」
「は、はい…」
まさにイメプを通話でしていたのですが、その時の自分の興奮度と言ったら今までに感じたことがないようなものでした。
会ったこともない女性と、エッチな会話をしていくし、さらに彼女をいじめる立場にあるのです。
実際、ペニスは思いっきり勃起をしていました。
彼女もオマンコ濡らして、通話をしてくれていたのです。

とてもエロい喘ぎ声がヘッドセットの向こうから聞こえてくる、それを聞きながら夢中でペニスをしごいていました。
テレホンセックスだけでもこれほどの興奮が味わえてしまうのです。
実際に彼女を目の前にしてプレイをしたら…そう思うだけでも身が震えるような気分でした。
彼女のエッチな声を聞き、自分もシコシコとし続けていき、大変に気持ちの良い射精をしていたのです。


このページの先頭へ戻る